News & Topics

2024.06.18
Web掲載
D3の古川君(学振DC1)が主に行ったスパイクタンパク質搭載エンベロープ型ウイルスレプリカの創製とレセプターへの結合の論文がACS Synthetic Biology 誌に掲載されました!
2024.05.11
Web掲載
PD坂本さんが主に行った、蛍光タンパク質修飾人工ウイルスキャプシドの細胞内自己集合の論文が、ACS Synthetic Biology 誌に掲載されました!
2024.04.29
Web掲載
M2平原さんが主に行った、ジャイアントリポソームから出芽するアルキルアンカー修飾人工ウイルスキャプシドの論文が Sci. Tech. Adv. Matr. 誌に掲載されました!
2024.02.14
Web掲載
松浦教授が第8章を執筆した書籍 "Peptide Self-Assembly and Engineering: Fundamentals, Structures, and Applications"(Wiley-VCH)が出版されました。
2024.02.02
Web掲載
松浦教授と英国のRyadnov博士が編集した“Amino Acids, Peptides, and Proteins Vol.45” (RSC book) が出版されました。
2023.12.18
Web掲載
松浦教授・稲葉准教授が執筆した「光応答性ペプチド材料」に関する総説が Biophysics Reviews 誌(AIP出版) に掲載されました。
2023.11.21
Web掲載
膜融合を介したエンベロープウイルスの感染プロセスを模倣する超分子システムに関するScientific Reports 論文が、日本の研究.comからプレスリリースされました。
2023.11.15
Web掲載
D3古川君と修了生の木村さんが行った、エンベロープ人工ウイルスキャプシドがGUVや細胞に膜融合で侵入することを示した論文が、Scientific Reports 誌に掲載されました!
2023.09.09
Web掲載
Chem-Staition に松浦教授のインタビュー記事が掲載されました!
2023.08.31
Web掲載
M2修了した堀君と稲葉准教授による「銀結合配列を有するTau由来ペプチドを用いた銀ナノ粒子内包微小管の創製」に関する論文が、Bull. Chem. Soc. Jpn.誌に掲載されました
2023.06.27
Web掲載
がんワクチンの候補となる完全化学合成ウイルスレプリカ(J. Am. Chem. Soc.の論文)に関する記事が、マイナビニュースTECH+に掲載されました。
2023.06.27
Web掲載
岐阜大 池田先生・名工大 築地先生らとの共同研究論文"Hierarchical supramolecular structure comprising reduction-responsive DNA microspheres and semi-artificial glycopeptide-based micro-asters"がPolymer Journal 誌に掲載されました
2023.06.22
Web掲載
D3古川君と阪大深瀬研の伊藤君が主に行った「抗原/アジュバント提示エンベロープ型ウイルスレプリカによる乳がんワクチン」に関する研究が、J. Am. Chem. Soc. (Impact factor = 16.383) に掲載されました! 阪大 深瀬研、東海大 亀谷研などとの共同研究です。
2023.06.09
Web掲載
学振PDの坂本君と修了生の内山君が実施したDNAアプタマー修飾人工ウイルスキャプシドによる悪性リンパ腫への薬物送達の論文が、J. Mater. Chem. B (Impact factor: 7.571) に掲載されました。
2023.06.03
Web掲載
京大/理研の沼田研と稲葉准教授の共同研究「Tau由来ペプチド融合GFPの植物微小管への結合」が、PLOS ONE誌に掲載されました。
2023.03.30
Web掲載
D1の梁 君が実験・執筆した「スピロピランの光異性化により重合・脱重合するペプチドナノファイバーに誘起されたリポソームの劇的形態変化」に関する論文が、Frontiers in Molecular Biosciences 誌 (IF = 6.113) にWeb公開されました。
2023.03.29
Web掲載
M1阪口さんが主に実施した「スピロピラン修飾タウ由来ペプチドによる微小管安定性の可逆的光制御」の論文が ChemBioChem 誌にWeb掲載されました。
2022.11.13
Web掲載
松浦教授・稲葉准教授が"Biomaterials Based on DNA Conjugates and Assemblies"の章を執筆した"Handbook of Chemical Biology of Nucleic Acids" (Ed. by Naoki Sugimoto, Springer)が出版されました。
2022.09.29
Web掲載
M2矢野さん・M1大谷さんが卒論で実施した「表面BODIPY修飾による人工ウイルスキャプシドの安定化」の論文が Chemistry Letters 誌にWeb掲載されました。
2022.09.08
Web掲載
稲葉准教授・末岐さん(M2修了)・市川宗厳先生(NAIST、現・复旦大学)が実施・執筆した「ペプチド融合タンパク質を用いた微小管「超」構造体の構築」に関する論文が Science Advances 誌にWeb掲載されました。
  1. 1
  2. 2